読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキエノート

アルパカとねこすけとハムスターと犬です。

夫との約束を破るかわりに守る約束(金遣いの荒い私へ)

牧場物語がほしい

牧場物語がほしくて、ずーっと頭の中でぐるぐる回ってる。
夫と4/1まで我慢するという約束をしてた(私の金遣いが荒いため)のだけれど、今日買おうと思う。
そのため、代わりの約束をしました。
①自分が「使った」お金は全部手帳に書く
②月5000円ずつお金を貯める
ちゃんと約束を守ります。


なんで、物が欲しくなるのか

心理学的に言ったら、物欲で他の欲求を満たしてるとか気を引きたいとかストレス発散とかなんとかかんとかなんだろうけれど、そんなこと分かってても欲しいものは次から次へと出てくる。
私の場合、「ほしいなー。でも、今はいいや」(この後忘れ去る)と「ほしいほしいほしいほしい…」と頭から離れなくなるのの二択だ。
後者は物欲以外にも同じ思考を繰り返すということでは、私の思考癖だ。
食欲にも言えるし、不安になるとそればかり考えることが挙げられる。
物が欲しくなる一端には、手元にまとまったお金があるから、あるだけ使ってしまうという金遣いの荒さがある。
お金の使い方が下手で、夫と暮らすようになってからマシになったが、まだまだ夫には近付けてない。


改善策

金遣いの荒さを治す方法として、自分が月にいくら使ったかを可視化することが有効だろう。
また、お小遣いを貰ったら、先に貯金をして、残ったお金からやり繰りするのも手である。
今回はこの両方を力を入れてやって行きたい。
私はお小遣いのうち月5000円を貯金に回し、使ったお金を毎日手帳に書いて夫に見せることにした。
使ったお金とは、私が財布から出したお金を示し、父やその他から得たお金であっても「使った」ら、書くということにする。


最後に

なんでこんな偉そうな文章を書いてるのかよく分からないけれど、金遣いの荒さがストレス指数を示しているのは確かである。
ストレスを軽減し、欲しいものは後回しにできるように、金の使い道を可視化して行きたい。