読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキエノート

アルパカとねこすけとハムスターと犬です。

レビュー:私の男

桜庭一樹の「私の男」を読みました。

久しぶりにどろどろの男女の関係や情景を読みました。

どろどろの話を読みたい方はどうぞ。

私の男 (文春文庫)

私の男 (文春文庫)

主人公の女性が結婚するところから始まります。 自分を犠牲にして「忘れろ」という養女にしてくれた男。 二人は親戚同士、養女だからという理由でセックスをしている。 しかし、実は男と女は父娘の関係で、2人はそれを分かって、なおセックスを続ける。 結局、女は結婚することで忘れたい、抜け出したいと思うが、養女にしてくれた男は自分の物だという独占欲も消せない。

とにかくどろどろで、ムワッとした話でした。 桜庭一樹は比較的年齢が低い人間の話が多かっただけに、こういう大人のどろっとした話はうわわわっとなってしまいました。

ムワッとどろっとしている話を読みたい人は是非。