読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキエノート

アルパカとねこすけとハムスターと犬です。

レビュー:放蕩記

村山由佳の「放蕩記」を読みました。

帯に惹かれて買った一冊。 母親を愛せない、好きだけど愛せないという小説家の女性が過去を振り返りながら、でもね…と心を収めていく内容です。

少し、重い内容ですが、同じような環境、同じでない環境でも、家族ってどんなだっけと思い出させられる本でした。

本屋で見かけたら是非。

とにかく帯にびっくりして、手に取ってしまいました。 母親を愛せないというのはどういうことなのか、私も同じことを思っていたので読んでみました。 私情ですが、私は家族を「愛している」という感覚がありません。 愛していると感じるのは夫だけで、あとは好きなんだけど……みたいに感じます。

「憎めるんだったら、むしろ楽なんだよ。夏帆がそうやってくるしんでるのは情が邪魔してお母さんを憎めないからでしょ」

この一言で泣きそうになりました。 まさに私もそうです。

最終的に、この本に出てくる母は呆けが始まり、夏帆がいつ来たかなどをどんどん忘れ、同じことを繰り返すようになります。 それでも、面倒をみる父親の姿がまた夫婦ってこういうものなのか、と感じさせられます。(本編では罪滅ぼし的なところもありますが、私は仕方ないだろうと思ってます)

母親が呆けていくことで、夏帆はだんだんと母を許せるようになります。

この本を読んで、呆ける前に家族への心の折り合いをつけたいな、と思いました。

重苦しい内容ですが、こういう家もあるのかー、と思う程度で読める方はぜひ。