読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキエノート

アルパカとねこすけとハムスターと犬です。

レビュー:告白

湊かなえの「告白」を読みました。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白

告白

少女の死をきっかけに母であり教師である女性、犯人たちを章立てに区切って話を進めて行く方式。

「告白」する場面はたくさんあって、自分からの告白、告発いろいろあります。

最初から最後までメリハリのある形でした。

湊かなえの本はこれが初めてでしたが、これを1冊目にしてもいいんじゃないかなという感じでした。

湊かなえ読んだことない人は是非。

少女は事故死じゃない、殺されたということから始まります。 教師であり、母親である1章目の独白から始まり、2人組の犯人の独白がまた1人につき2章続きます。

この本のいいところは、独白が続いた後、最後のまとめでどんでん返しがあるところです。 それも、とっておきの復讐。 それが本当に成されたかは、書いてませんが、私は復讐は果たされたんだと思います。

人間が壊れていく、元から壊れてる人間が出てくるのが印象的でした。

湊かなえの1冊目にして、作風が分かったので他の作品も読んでみようと思います。

有名な1冊なので、映像化も見てない方におすすめです。