読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキエノート

アルパカとねこすけとハムスターと犬です。

Sagakeenへ行ってきた(2日目)

7時半、朝食を食べる

弾丸ツアーも最終日です。 前日に朝食の時間もお願いしておいたので、食堂へ降りて朝ごはん。 朝ごはんも海の幸尽くし! みりん干しをその場で焼いて食べるというのはなかなかできる経験ではないと思いました。 昨日の夜食べたイカが入っていた生簀も見えました。

呼子といえば朝一

ご飯を食べて、旅支度をしたら、早速チェックアウト。 旅館に車を停めさせていただいて、朝一へ行ってきました。

朝一は8時過ぎから活気が出てきました。 小雨が降ってる中、大きなパラソルの下で野菜や魚介類を売ってます。 やはり、一番多かったのは、イカ! イカを売ってるお店がたくさんありました。 イカも店によっては塩辛の味や調理方法が違うようで、味見して回る人もいました。

私が驚いたのは、生きたタコを売ってたこと。 小ぶりですが、浅い箱からにょろーんと出てきて、今にも逃げ出しそうでした。 それをヒョッと捕まえて、戻すおじさんも手に迷いがなく、さすがという感じでした。

いざ、Sagakeen呼子のイカす広場へ!

まず、昨夜キラキラと電飾で光っていたツリーがある広場へ。 今日はよく見たら、イカとみりん干しのオーナメントがあるイカすツリーに…! 写真を撮っていた方に教えていただいて、知ったのですが、なんと飾ってあるイカとみりん干しは一人一つ持ち帰りOKとのこと!(無料) 夫婦でイカGETです!!

イカガールが、みりん干しの襲来に……

横では昨日はシートで覆われてたイカ回し……! 思ったよりもスピードがあって、イカがたなびくのではなく、イカが攻撃的に暴れ狂ってる感じです。 動画で探せばあると思いますが、あの回るイカに近づいたら怪我をしそうなレベル。 面白い光景でした。

イカは本当はゲソの方が頭らしいですよ!

イカす広場では整理券を配っていました。 私と夫は3番と4番。1と2の人はもっと早く来たようですが、私たちでも速かった方なので、9時過ぎでも余裕で入れそうでした。

9時、この日一番目の入場だったので、15分前に集合と言われ、まだかまだかと待ってました。 会場横に落書きノートが! 可愛いイラスト、愛ある一言などなど…表紙はディレクターさんのイカ! 見た感じ九州勢が多いです!ただみんな「○時にきました」という時間が早い…。

私が買ったのはメモ、シャツ以外は買ってきました! 本当は全部欲しかったのですが、予算の都合で断念…Tシャツもメモも可愛いかったです!

入るとババーーンとSagakeenが! 買い物ブース

レジの横に色紙が置いてあります! クリスマスバージョンもあります!

さて、買い物を終え、朝市を後にしました。 朝一前に船の航行について調べに行った時、欠航になっていて、だめだったかぁ…と思いつつも、スプラ丸もう一回観に行こう…と夫婦でとぼとぼ。 ……と思っていたらスプラ丸が湾内のみ運行するとのこと!!玄界灘は波が高くて入れませんが、湾内30分航行できました! 湾内だけでも、見所たくさんです。 帰り着いて、券売所でスタンプを貰いました。 ふっと横を見たら、こんなところにも色紙が!!! 思わぬところに出現してビックリです。

ここにも顔ハメ。

チケットにも力が入ってます。 よーく見るとイカジャンプのペイントがされてます。

その証が、ステッカー!!!

今回のSagakeenイベントは無事完走!

帰りは名護屋城へ

唐津駅へ戻る途中で、唐津城へ行きました。 名護屋城の説明を夫にしてもらい、文化博物館で展示を見て、改めて日本の領土拡大に貪欲だったんだなーと感じました。 たくさんの朝鮮軍に囲まれたところを黒田が助けに来るところで、黒田の株があがりました。 雨の日だったので、滑りやすかったですが、登ってみると景色がよかったです。 晴れてたら絶景だっただろうなと思いました。

お城にある井戸を初めて見ました。 面積がすごいのは分かるんですが、説明があまりなく、野っ原というのが、ちょっと勿体無いところ…。

そして、今回の旅は終了

唐津→福岡空港と戻り、21時発の飛行機で東京に戻りました。 行きは早起きして、電車とモノレールを使ったのですが、帰りはリムジンバスの最終直前に乗れたので助かりました。

ゲームとか漫画とか聖地とか

今回のイベントはダウニーのサザエステッカーをもらったお店や宿泊しないと押してもらえないスタンプなど、かなり地元密着型だったのが、とても好印象でした。 このイベントがなければ、佐賀に行く機会も、呼子を知る機会もなかったと思います。 Splatoonなどゲームを通じて、街の活性化に繋がるのはいいことだなぁと思いました。 今回のSagakeenはその成功例なのかもしれません。

ちなみにこの旅で、夫の焼き物好きが移ったかもしれません……。