アキエノート

アルパカとねこすけとハムスターと犬です。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムへ行ってきた!

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムへ遊びに行ってきました!

いつもお世話になっているひつじさん(@Pandora_Ovis)から「藤子・F・不二雄ミュージアム」へお使いを頼まれました! 私自身はドラえもんのアニメを見たことあるくらいで、どんなところか全く知らなかったのですが、行ってみたら原作読みたい!と思ってしまうほど楽しい空間でした。
子ども向けかと思いきや、外国人観光客とカップルが多かったです。子連れの家族は2組しか見かけませんでした。

チケットはローソンチケットで販売

行くと決まればさっそくチケットを予約!

チケットは現地では買えないので、ローソンチケットのwebサイトで予約します。
クレジット払いだと当日にチケット受取ることができます。ただ、現金にすると前日までの受け取りなので注意。(過去、ジョジョ展で現金払いを選択肢、当日受け取れると勘違いした失態がありますorz)
私は12時からの回を予約。予約回から30分後までが入場締め切り時間です。

登戸駅からは直通バスが出ています!ラッピングバスで内装まで凝ってる!!

存在は知っていましたが、どこにあるかまではよく知らず…調べると登戸駅から直通バスが出ているそうです。
我が家からバスと小田急線を乗り継いでみると、登戸まであっと言う間で近かったです。

小田急「登戸駅」からバス停へ。駅を出たところにバスの案内板と柱に大きくバス停の案内表示があったので迷わず行けました。
バスは約10分本運行していて、どのラッピングバスが来るかはわくわく。

f:id:akie1000:20190214160919j:plain
登戸駅

12時半までの入場なのに、12時5分直行便しかなく間に合うのか〜〜と思いながらも、バスは発車。
バスの中にはフィギュアの展示や降るボタン、椅子のデザインが変わっていたり、座ってからも見回してしまうような発見が…。一応、バスの運転手さんには写真撮影の許可をいただき、バシバシ。
藤子・F・不二雄の説明やミュージアム概要のアナウンスを聴きながら、5分位でミュージアム到着。かなり近かったです。

f:id:akie1000:20190214115826j:plainf:id:akie1000:20190214120636j:plain

f:id:akie1000:20190214120042j:plain

f:id:akie1000:20190214120112j:plain

f:id:akie1000:20190214120109j:plainf:id:akie1000:20190214120052j:plain
f:id:akie1000:20190214120136j:plainf:id:akie1000:20190214120146j:plain
f:id:akie1000:20190214120129j:plainf:id:akie1000:20190214120131j:plain
f:id:akie1000:20190214120333j:plainf:id:akie1000:20190214120337j:plain

f:id:akie1000:20190214121212j:plain
外装がすでに楽しい
f:id:akie1000:20190214121212j:plainf:id:akie1000:20190214121156j:plain

いざ、入場。館内には面白いギミックが!

館内へは 藤子・F・不二雄トレードマークのベレー帽をかぶった係りの人が案内してくれます。 エントランスで館内での簡単な注意事項を聴いてる時に「お静かに」のシルエットがしずかちゃんなことに気付きました!
音声ガイドは別料金で借りるのかな?と思っていたら、チケットの中に入ってました。

物販やカフェに先に行きたい人は申告すれば、先に買い物を済ませたり休憩もできます。
私はゆっくり回りたかったので、人が捌けるまでにちょうどいいかな?と思い、先に物販へ行きました。物販スペースの近くにコインロッカーがあり、荷物も全部預けて身軽になることができたので一石二鳥でした。コインロッカーはお金が返ってくるものだったので、何度も開け閉めできるので便利。

さっそく物販へ。
軍資金は事前にKYASHで送ってもらっていて、あとで送料などの清算にも使いました。
レシートなどの写真を添付して送れるので便利です。

blog.ch3cooh.jp
KYASHのシステムや我が家での運用方法を書いてます。

自分用のお土産は回ってから買おう〜と先にミッションをクリア。
気付けばお昼ご飯を食べるのを忘れてたので、今度は休憩がてらミュージアムカフェへ行きました。

ミュージアムカフェで休憩&ご飯

ミュージアムカフェはお昼ご飯どきを過ぎていたので空いてました。中は広くて明るいのでくつろぎやすい空間になってました。 さっそくメニューを見て、「アンキパン ビーフシチュー」と悩みました…。どのメニューもすごい凝っているし、美味しそうで迷います。

結局、食べたいものにしよう!とシンプルにそぼろご飯とラテアートに惹かれてホットココアにしました。

f:id:akie1000:20190214130014j:plainf:id:akie1000:20190214130032j:plain
ドラえもん ソボロンヌ〜三色そぼろごはん〜
f:id:akie1000:20190214130408j:plain
f:id:akie1000:20190214125726j:plain
愛の詰まったレシート

館内の音声ガイドは「おはなしでんわ」がしてくれたよ!

お腹も膨れたところで、エントランスでおはなしでんわを借りて展示を回りました。
おはなしでんわが自己紹介をしてきたのでびっくり。映像と音声がリンクしているブースもあったりと、見た目も音声も楽しかったです。
展示の中に「今月の1話」というコーナーがあり、ドラえもん「たんぽぽくし」を読みました。実は漫画のドラえもんをきちんと読んだのは初めてでした。複製原画のときはコピーロボットマークが入っているそうですが、私が見たものは運良く原画でした!

漫画ができるまで〜という動く展示や藤子・F・不二雄の作品が所狭しとならんだ室内、藤子・F・不二雄自身が掘り下げられている展示物もあって見るものがいっぱいあり、気付けば夕方になってました。

展示の他にミュージアム限定アニメもやっていて、藤子・F・不二雄作品に詳しくなくても楽しめる内容でした!

f:id:akie1000:20190214150903j:plain
おはなしでんわ〜

中庭にもいろんなキャラクターが…

中にはいろんなキャラクターがあちこちにいました。
個人的にはコロ助が可愛かったです。
ドラえもんでおなじみの空き地の土管も置いてありました。

f:id:akie1000:20190214153600j:plainf:id:akie1000:20190214153630j:plainf:id:akie1000:20190214153649j:plainf:id:akie1000:20190214153711j:plain

f:id:akie1000:20190214153838j:plainf:id:akie1000:20190214153847j:plain
f:id:akie1000:20190214153853j:plainf:id:akie1000:20190214153903j:plain
f:id:akie1000:20190214153909j:plainf:id:akie1000:20190214154047j:plain
f:id:akie1000:20190214154057j:plainf:id:akie1000:20190214154109j:plain
f:id:akie1000:20190214154126j:plain

帰りはパーマンのラッピングバス!

すっかり日も傾いてきたところで帰路につきました。
帰りのバスは登戸駅から来たバスが折り返すので、10分に1本くらいの割合で出ています。

帰りはパーマンバスでした!シートも降車ボタンも違うデザインで、最後まで「こってる〜〜」と感激しました。 f:id:akie1000:20190214155843j:plainf:id:akie1000:20190214160932j:plain

f:id:akie1000:20190214155918j:plainf:id:akie1000:20190214155857j:plain

藤子・F・不二雄を知りたくなるミュージアムでした!

結局5時間くらい滞在しましたが、本当に楽しい空間でした。ミュージアムの演出が良かったり、展示物の数も多くて出てくる頃には「原作読みたい…」という気持ちに駆られてました。そして、自分用のお土産もしっかり買ってました…!

藤子・F・不二雄ミュージアムへ行ってきました!自分用のお土産!リュックにつける~~

今回は一人で行きましたが、また行きたい!今度は夫と行こう!とリピート決定です。 次行くときはもう少し作品にも触れておこうと思います。